目録 E(2)
E 料理本・レシピ(2) (庫:文庫) (単位:円)
番号 書名 編著者名 出版社 刊行年・初再版 価格 程度・定価 摘要
E−101 料理百科(創刊第1号) 柴田書店 柴田書店 97・創刊第1号 2,000 A・1,030
* 「本誌は、毎月テーマ(今月はカレーです)を選んで縦軸とし、和洋中・デザートなどの料理基礎技術を横軸にし、楽しい企画を併せて、新しい料理曼荼羅の世界を描いていこうと考えています。コンセプトは、ベーシック&スタンダード。いつも基礎と基準の視点を忘れずに、調理あるいは食堂業に携わる方々たちのお役に立つよう紙面を経編集いたします。・・・・・(編集後記より)」 特集:カレー。連載:旬を食らう、店を持つ、市場を歩く、僕の旨いもの修行、料理人列伝ほか。 大型連載:[完全理解]日本料理の基礎技術@、フランス料理の基
E−102 料理百科2 柴田書店 柴田書店 97・2月 500 A・1,030
* 特集:スパゲティ&パスタ
E−103 料理百科3 柴田書店 柴田書店 97・3月 500 A・1,030
* 特集:そば
E−104 料理百科4 柴田書店 柴田書店 97・4月 500 A・1,030
* 特集:ラーメン&餃子
E−105 料理百科5 柴田書店 柴田書店 97・5月 500 A・1,000
* 特集:とんカツ&牛カツ
E−106 料理百科6 柴田書店 柴田書店 97・6月 500 A・1,000
* 特集:ワイン&カクテル
E−107 料理百科7 柴田書店 柴田書店 97・7月 500 A・1,000
* 特集:焼肉&一品料理
E−108 料理百科8 柴田書店 柴田書店 97・8月 500 A・1,000
* 特集:天丼 うな丼 いろいろ丼
E−109 料理百科9 柴田書店 柴田書店 97・9月 500 A・1,000
* 特集:日本の洋食
E−110 料理百科10 柴田書店 柴田書店 97・10月 A・1,000
* 特集:焼鳥 串焼き 煮込み
E−111 料理百科11 柴田書店 柴田書店 97・11月 500 A・1,000
* 鍋物
E−112 料理百科12 柴田書店 柴田書店 97・12月 A・1,000
* 寿司
E−113 料理百科13 柴田書店 柴田書店 98・1月 500 A・1,000
* 特集1 ピッツア・特集2 トマト
E−114 料理百科14 柴田書店 柴田書店 98・2月 500 A・1,000
* 特集1 サンドイッチ&パンメニュー 特集2 エビ
E−115 料理百科15 柴田書店 柴田書店 98・3月 A・1,000
* 特集1 そばうどん 特集2 ネギ
E−116 料理百科16 柴田書店 柴田書店 98・4月 500 A・1,000
* 特集1 パスタ&ソース 特集2 ジャガイモ
E−117 料理百科17 柴田書店 柴田書店 98・5月 500 A・1,000
* 特集1 ステーキ 鉄板焼き 焼肉 特集2 イカ
E−118 料理百科18 柴田書店 柴田書店 98・6月 500 A・1,000
* 特集1 料理屋のお弁当 レストランのランチ特集2 卵
E−119 料理百科19 柴田書店 柴田書店 98・7月 500 A・1,000
* 特集1 サラダ&ドレッシング 特集2 ハーブ
E−120 料理百科20 柴田書店 柴田書店 98・8月 500 A・1,000
* 特集1 ラーメン 冷やし中華  冷麺  特集2 牛肉
E−121 料理百科21 柴田書店 柴田書店 98・9月 500 A・1,000
* 特集1 カレー 特集2 貝
E−122 料理百科22 柴田書店 柴田書店 98・10月 500 A・1,000
* 特集1 コーヒー 紅茶 ハーブティー 特集2 鶏肉鳥肉
E−123 料理百科23 柴田書店 柴田書店 98・11月 500 A・1,000
* 特集1 酒の肴  特集2 豚肉
E−124 料理百科24 柴田書店 柴田書店 98・12月 500 A・1,000
* 特集1 炊き込みご飯  特集2 豆腐 湯葉
E−125 料理百科25 柴田書店 柴田書店 99・1月 500 A・1,000
特集1 スープ スープ スープ  特集2 牡蠣  
E−126 料理百科26 柴田書店 柴田書店 99・2月 A・1,000
E−127 料理百科27 柴田書店 柴田書店 99・3月 A・1,000
E−128 料理百科28 柴田書店 柴田書店 99・4月 500 A・1,000
特集1日本の洋食   特集2酢
E−129 料理百科29 柴田書店 柴田書店 99・5月 500 A・1,000
特集1ワイン&ワインに合う料理  特集2挽肉
E−130 料理百科30 柴田書店 柴田書店 99・6月 500 A・1,000
特集1定食&ランチの逸品  特集2キャベツ
E−131 料理百科31 柴田書店 柴田書店 99・7月 500 A・1,000
特集1お好み焼き 焼肉   特集2うなぎ
E−132 料理百科32 柴田書店 柴田書店 99・8月 500 A・1,000
特集1カフェ  特集2アスパラガス
E−133 料理百科33 柴田書店 柴田書店 99・9月 500 A・1,000
特集1カレーライス  ハヤシライス  オムライス     特集2アジ
E−134 料理百科34 柴田書店 柴田書店 99・10月 500 A・1,000
特集1ハンバーグ&コロッケ   特集2ナス
E−135 料理百科35 柴田書店 柴田書店 99・11月 500 A・1,000
特集1ラーメン  餃子  炒飯     特集2イワシ
E−136 料理百科36 柴田書店 柴田書店 99・12月 500 A・1,000
特集1寿司   特集2豆
E−137 グリム家の食卓 W・シュトゥーベンフォル 白水社 00初 2,400 A・1,800
誰もが知っているグリム兄弟、その弟ヴィルヘルムの妻ドロテーアが書き残した料理レシピ集の翻訳が本書です。 それほど風変わりなレシピではなく、たいていは「ではグリム兄弟が食べていた食事を一つうちでも作ってみようか」という気にさせる種類のものです。ドロテーアは、娘時代に「ヘンゼルとグレーテル」を始めとする重要な童話をグリム兄弟に話して聞かせた<語り部>の一人なのです。 要するに、このレシピ集は、グリム兄弟に、とりわけ食べ物をめぐる魅力的な童話を語って聞かせた娘時代のドロテーアが、弟ヴィルヘルムの妻となってグリム家の主婦として、夫や子どもたちや、生涯独身だった義兄ヤーコプのために台所で腕を揮った、その証拠の集積なのです。(「訳者まえがき」より)  210のレシピの中には、レモンクリームやあんず酒などの手軽に楽しめるものが盛り沢山。 本書を片手に、あなたも<童話のお菓子屋さん>や<メルヘン・レストランのシェフ>に変身してみてはいかがでしょう。(本書カバーコピーより)
E−138 食在宮廷(中国料理の真髄) 愛親覚羅浩 婦人画報社 61 4,800 A・ 函入り
山東料理を母胎として、それに各地の郷土料理の粋を採りいれてできあがった清室の宮廷料理が、その後の北京市井の料理の              範となるにいたったのである。 その宮廷料理が、このたび愛親覚羅浩子さんの筆によって、日本にはじめて紹介された。 愛親覚羅氏はいうまでもなく清室の姓であり、浩子さんは人も知るとおり日本の名家嵯峨氏から出て、清室に嫁したひとである。 宮廷料理の書を著すには、もっともふさわしいひとといわねばならない。 この本はただ料理について語るだけでなく、宮廷料理をめぐる周辺のことがらについて語るところも多い。 それがまたたいへんに随筆的なおもしろさを添えている。 中国料理の本は、世に少なくないが、この本はそのなかでも特別に興味を引くものである。(奥野信太郎「序」より) 内容的には、「清朝の歴史のあらまし」、「皇帝の日常生活」、「皇帝の食事」、「魚の料理」、「鶏の料理」、「肉の料理」、「蔬菜の料理」、「精進料理」、「冷たい料理」、「花・果物の料理」、「鍋もの料理」、「スープ料理」、「点心」に分かれる。 
E−139 外食経営用語事典 井上恵次 商業界 99第4刷 1,800 A・1,905
新入社員から店長、スタッフ、経営トップまですべてのフードサービス関係者必携の用語集。 外食経営で成功するための548用語完全収録。 本書は、ロイヤル副社長、ベッカーズ社長を歴任した著者が、経営の実践の中から重要な外食経営用語を厳選し、どこからでも読めるようにした外食経営の指針とも言えるものである。
E−140 すぐできるおいしい中華の家庭料理 周富徳 ブックマン社 1993 900 A・1,200
著者が、横浜中華街で母の作った懐かしい料理の味を再現して、身近な材料で手早く、美味しく食べられる中華の家庭料理として紹介。メニューは、T炒・U焼&炸・V煎&蒸・W溜&拌・X湯・Y麺&飯の6ブロックで構成し、それぞれに豊富なイラストを付してビジュアルに判りやすく説明している。 中華は火の料理といわれるが、家庭の火力でも、鍋を十分熱してから調理すれば美味しくできると励ましている。 中華は下ごしらえを済ませておいて、一気に仕上げるものが多く、手早くすることが大切だが、手抜きは絶対タブーだと言っている。これ一冊あれば、青椒肉糸・八宝菜・麻婆豆腐・えびのチリソース・餃子・酢豚から五目焼きそばまで上手にできることをマロン&メロン店主は保障します。
E−141 カクテルベスト100 岡純一郎(監修) 西東社 89初 800 A・1,000
カクテルには、それぞれに違った表情がある。 家でじっくり作るもよし、バーでおしゃれに飲むもよし。 スタンダード派から個性派まで、厳選した100のカクテル。 本書はトレンディな大人のための図解マニュアル・ブックである。(カバーコピーより) 監修者の岡氏は目黒・雅叙園観光ホテルでバーテンダーとしての第一歩を踏み出し、以後常に日本におけるカクテルつくりの第一線を歩み続け、現在(本書発行時)京王プラザホテル副参事料飲部料飲担当として若手の指導に力を注いでいる。 フランスのシャンパンメーカー、ポネディー社による第1回ルイス・ポネディー賞受賞。
E−142 タイタニックの最後の晩餐 リック・アーチボルト他 国書刊行会 1999初(確認済) 4,800 A・2,800
1912年4月15日、処女航海の海に消えた豪華客船タイタニック号。 20世紀史上に残る伝説的客船の魅力は今なお消えず、時と悲劇の記憶を超えて、私たちに夢と憧れを与え続けている。 海に浮かぶ宮殿と謳われた最高の客船で供された、贅を尽くした最高の食事ー残されたメニューが伝える夢のような最後の晩餐とはどんなものだったのか? 一等から三等まで、オリジナルのメニューをもとに再現された、幻のレシピ46(オードブル・スープからデザートまで)いま明かされる。 タイタニックの「食」の魅力を、多数の貴重な図版とともに封じ込めた究極の一冊。 今宵、あなたの食卓に華麗なタイタニック・ディナーが甦る!(カバーコピーより)
E−143 クイーンエリザベス2世号の豪華な食卓 ルドルフ・ソダミン 柴田書店 1990初 4,800 A・3,800 横長変型
「皆様をクイーン・エリザベス2世号にお迎えし、ルドルフ・ソダミンのすばらしい料理を味わっていただけることを私はうれしく思います。 本書のページを繰っていただければ、私たちのレストランを世界の船のトップレベルにするに至った美食の数々に出会えます。 私たちの船は、世界の海を定期的に航海し、さまざまな文化に触れていますので、その料理は、西洋世界のあらゆる食卓の饗宴を映し出すものとなっています。」(「キュナード社会長ダーモット・マクダーモットによる「序」より)) 「この料理書を書くことにしたのは、私の料理を気に入ってくださった船客から、作り方を教えてほしいと言われることがよくあったからである。 豪華客船で料理を出して、世界中から集まった、口の肥えた、難しい好みの船客の期待を満足させなくてはならないという経験は、ざらにはない。 船のキッチンでは、ディナー、ランチ、朝食、スナック、手の込んだビュッフェ、特別パーティーなど一連の料理イベントを作りださねばならない。 料理人にとっては、難しくともやりがいのある仕事だ。」(ルドルフ・ソダミン「はじめに」より) 本書は横長の豪華本をいっぱいに使ってカラフルで臨場感溢れる写真で紹介される料理の数々、わかりやすい説明文(日英併記)による50レシピからなっている。 しかし、専門の料理写真家以外に船内風景や寄港地の風景を取る写真家も参加しているので単なる料理本ではなく、読者を夢の世界旅行へと誘ってくれるはずである。   
E−144 丸元淑生のクック・ブック(完全版) 丸元淑生 文春文庫 94 900 A・544
「死ぬほど美味しい」最上の味覚を楽しみながら、飽食時代の現代病から健康を守る料理とは。 そんなおいしい話がぎっしりとつまった丸元システム料理学の完全実践版。 材料は手近かに揃うものばかり、基本さえ身につければ、調理法はきわめてシンプル。 最新の栄養学に裏付けられた、真においしい家庭料理159レシピ、図表多数。(本文庫カバーコピーより)
E−145 料理上手の基礎知識 辻調理師専門学校編 新潮文庫 84初 900 A・240
すべての料理上手の基本は、(1)に良い材料、(2)にすぐれた料理法、(3)に」道具を使いこなすことです。 つまり料理上手は道具上手になることです。 人類が、裸火を囲む石組みの上に、平らな薄い石を置いて食物を焼いた知恵が、今のフライパンとかまどです。 本書は、日本料理、フランス料理、中国料理に必要な道具の種類と用途と正しい取り扱い方を写真を付して書き下ろした実用書です。(本文庫カバーコピーより)
E−146 地味めしダイエット 横森理香 知恵の森文庫 04第8刷 750 A・590
「シンプル」で力強く、美味しくて、お肌の調子も体調もよくなり、お金もかからない。 この本では、みなさんにその方法を伝授いたします」(「はじめに」より) さまざまなダイエットにトライし、失敗を重ねてきた著者だからこそ伝えられる、心も体もスッキリ健康で美しい状態を手に入れる方法。 カラーレシピ満載で誰でも実践できます!!(本文庫カバーコピーより)
E−147 地味めしダイエット2 横森理香 知恵の森文庫 04第2刷 750 A・619
大好評の「地味めしダイエット」から三年。 その間に妊娠・出産した著者が、育児体験なども踏まえて綴る第2段! オーガニックの玄米菜食を基本にしつつも、肉や魚介類、たまには甘いものやコンビニものもOKなど、「反則あり」のゆるやかダイエット。 バラエテイ豊かなカラーレシピに加え、簡単にできるエクササイズも紹介。(本文庫カバーコピーより)
E−148 ヘルシーなパンとマフィン ベス・ハンスバーガー PARCO出版 90初 2,500 A・2,600 大型美本
著者は、サンフランシスコを中心に活躍する料理ライター兼コンサルタントで、料理学校講師を勤める傍ら、ケータリング(仕出し)業にも従事している。 また、ふんだんにちりばめられているカラー写真はヴィクター・バドニックの撮影によるものであり、彼もサンフランシスコにスタジオ持つカメラマンで、グリルブックの写真を担当し、最も優秀な料理の専門書に贈られるテストメーカー賞を受賞している。 アメリカ臭芬芬たる楽しいパン作りの本である。
E−149 料理の鉄人W フジテレビ出版 フジテレビ出版 95初 900 A・1,300
道場六三郎対吉田靖彦のうなぎ対決・坂井宏行対川崎誠也のウズラ対決・陳健一対宮本勝彦の牛乳対決・道場六三郎対河田康雄のあんこう対決・坂井宏行対脇雅世のイチゴ対決・陳健一対中川敦之のモチ対決に分かれる。 それぞれの対決に対決の意義・試合経過・メニュー・試食・判定が付く。 
E−150 料理の鉄人X フジテレビ出版 フジテレビ出版 95初 900 A・1,200
道場六三郎対城悦男のブロッコリー対決・坂井宏行対小峰敏宏のアスパラガス対決・陳健一対張千代の豆腐対決・石鍋裕対澤口知之のカレイ対決・道場六三郎対玉野圭介の甘鯛対決・坂井宏行対柳舘功のキャビア対決・陳健一対李明淑のレバー対決・道場六三郎対鈴木真雄の松葉ガニ対決に分かれる。 それぞれの対決に対決の意義・試合経過・メニュー・四色・判定が付く。
E−151 海の男の艦隊料理(文庫版) イラスト監修高橋孟 新潮文庫 86 4,800 A・400
「腹が減っては戦はできぬ」−然り! 戦争は二度と起こしてはならないけれど、戦争をするための食事は試してみる価値がある。 軍国主義は滅びたが、戦う男のための価値ある遺産が残った。 日本料理はもちろん、西洋料理、中華料理、さらにはパーティのマナーまで、平和時にあって日夜ビジネスに奮戦する男と女に贈る、イラスト入り、元祖「男の料理」実践テキスト。(本文庫カバーコピーより) *「海軍主計兵調理術教科書」復刻。
E−152 友だち料理自由自在 ダスティ・ウェスカー 晶文社 89初 2,000 A・2,800
ロンドンはビショップロードのウェスカー家は、世界中からやってくる友人たちがひきもきらない。 お目当てはこの家の女主人ダスティの手料理。 「材料はきちんと計量しない。 レシピ通りにつくらない。 食べさせすぎる」というわけで、彼女は大変ユニークなコックさんとして知られている。 だが、一度食べたらー。 30年間の体験から編み出した、陽気でにぎやかなダスティ流”友だち料理”の心とコツを、175種の特製レシピを付けてはじめて公開します。 *著者は、現代イギリスの代表的劇作家アーノルド・ウェスカーの夫人。 (本書カバーコピーより) 
E−153 服部幸應の食材事典 服部幸應 フジテレビ出版 95 1,400 A・1,500
「料理の鉄人」素材おもしろ話。 食材への深い知識と愛情を持つ服部栄養専門学校長が、料理素材の魅力を語る。 「料理の鉄人」のメインテーマから四十点を選び、食材の特色、由来、旬、そして調理の仕方や味わい方などの知識や情報を食文化の面から、わかりやすく解説し、さらにその「食べもの」のウンチク談義を綴ったのがこの一冊。 魚介、肉、野菜、穀物、果物、豆や芋、香辛料などの海、川、野山の幸、異国からの幸など。
E−154 私の自然食 リカ・ザライ 築地書館 90 2,900 A・1,545
健康とは自分自身を愛すること。 推薦者石井好子は、「歌手は喰いしん坊が多くて、美食をして太っている人が多い。 そのなかでリカ・ザライのように健康のために美しく生きてゆくために、食生活を研究した人はまずないだろう。 優しい親切なマダムとゆっくり話しあったような読後感が素敵だ。 そして誰もがもっと魅力的な女性になれる気がして、全粒パンにはちみつの朝食を用意するのではないだろうか」と語っている。 著者はパリで歌手として成功するが自動車事故で瀕死の重傷を負う。医者からも見離されたが、調和思想家・菜食主義者レイモン・デクストレの助言で自然食療法を実践し、見事健康を回復した。 本書は、1985・86・87年の大ベストセラーとなり、聖書以来の超ベストセラーとして6ヶ国語に翻訳された。
E−155 私の健康料理 丸山光代 朝日文庫 90 800 A・460
大自然の恵み・季節の野菜をたっぷり使い、化学調味料や白砂糖を一切入れず、素材の持ち味を生かすー日本人の昔ながらの知恵とと著者の50年の経験を重ねて生まれた、”体を養う”ための家庭料理の数々をわかりやすく紹介する。(本文庫カバーコピーより)  内容的には、春ーお弁当・野草を食べる・フキとウド・ひな祭りに・魚・アサリ・タケノコ・新ジャガイモ・お菓子、夏ーあっさりずし・梅・カボチャ・イワシ・茄子とキュウリ・変わり豆腐・お盆の献立・漬けもの・お菓子、秋ーまぜご飯・魚・おいも・変わり揚げもの・豆を美味しく・豆腐と納豆・お団子・常備食,冬ークリスマスに・おせち・玄米・お粥・鍋もの・魚・根の野菜・ホカホカ汁もの・乾物をおいしく・漬けもの・素朴なおやつに分かれる。 著者が1915年生まれなのが無言の励ましだ。
E−156 懐石料理  風炉篇 辻嘉一 河原書店 49初 4,800 A・300
料理の最上はなるべく手を加えないで、その材料の持味を生かし、美しく、おいしく頂くことにありとされています。 この故に私は茶懐石が世界の料理の中でも第一等のものではないかとおもっております。 即ち茶懐石は技巧を排し、小細工を忌み、簡素に、時季の旬のものを、美しく、かつ美味に味わうことを要請するからであります。 私はかねてからこの懐石料理を一般の方々にあまねく知って頂き、且つ御家庭の日常にも取り入れて頂くために、一本を書きのこしたく念願しておりましたが、幸い河原書店主のおすすめをうけまして、その一半を茲にかくまとめ得ましたことを有難く悦しく思っております。(本書の自序より) 内容的には、茶事と懐石(茶事・懐石・懐石の順序・懐石の献立<井伊宗観公の懐石取合>・懐石の調理<調理と時間・汁・向附・煮物・焼物・吸物・八寸・飯湯 香の物・強肴>)、風炉の懐石(風炉の季節・初風炉・朝茶・名残・月例風炉の懐石<五月の巻・六月の巻・七月の巻・八月の巻・九月の巻・十月の巻>・強肴について・風炉懐石の食器)に分かれる。
E−157 懐石料理 炉篇 辻嘉一 河原書店 50初 4,800 A・700
懐石を風炉(夏・秋 五月ー十月)と、炉(冬・春 十一月ー四月)の二部に分かち、本篇には炉の部を収載する。 調理の方法は、実地の利用を考え、特に要点を解明するに努め、索引により必要な項目を求めるようになっている。 そのため、索引は、特に意を用い詳細をつくしている。 内容的には、炉の季節、十一月の懐石、十二月の懐石、一月の懐石、二月の懐石、三月の懐石、四月の懐石(各月ごとに献立例数種と献立調理法<向付の部・汁の部・煮物の部・焼物の部・吸物の部・八寸の部>を記す)、点心、精進の懐石、シュンのものに分かれる。 菓子、懐石家具、茶懐石の食作法を付す。
E−158 増補日本料理の奥義 中村幸平 第一出版(株) 1959 2,900 A・500
古典的には俎板の寸法と由来から包丁式を説き、器、箸の変遷を語り、化学的には水の種類、塩、香辛料や調味料を説き、料理の種類にいたっては諸儀式の料理から懐石、宴会、普茶料理から栄養料理や鍋もの、家庭料理と広範囲に及んで詳述されており、これ一冊あれば日本料理の真髄を理解できる。 また、若い調理師を念頭において書かれているので極めてわかりやすい。 春夏秋冬にわたる材料のシュン、十二ヶ月に別けられた前菜から、揚げもの、焼もの、煮物から寿司に至るまで懇切丁寧に説かれ、なん人が読んでもよく理解できるように書かれている。 調理師のみならず料理好きの皆さんにお勧めしたい。 
E−159 にんにくの恵み 野本朋彦 ヘルシーハウス 03第2刷 1,500 A・1,600 堅牢函入り
にんにくのすばらしさ・美味しさを楽しく紹介した美本。 随処にちりばめられたカラーイラストも面白い。本書は「マルセイユのバニラ」の改訂版である。 内容的には、にんにく・ガーリック、にんにくの歴史、にんにくの成分、こんな時はにんにくの出番、にんにくと口臭、世界のにんにく料理を食べる<和洋中27品を紹介>、にんにくの知られざる薬効、にんにくの話に分かれる。
E−160 西洋料理事典 田中徳三郎 柴田書店 1992 1,800 A・1,700 函入り布装
正確なメニューを作るために、料理の概要を的確につかむために、料理書を能率的に判読するために、もっとも必要かつ使用頻度の高い料理用語とその解説、料理名と調理法を集録し、料理に関係する人びとのたすけとした。 特にフランス語を主体とし、英、伊、独語を付け加えてある。 付録として、牛肉・フィレ肉・豚肉の部分名称、調理器具の図解を付している。(本書凡例より)  *著者は、大正2年帝国ホテル入社、昭和4年フランス留学、メーゾン・プリュニエ、ホテル・リッツ等にて修業、昭和6年帰国、東京會舘料理長就任・同館取締役にいたる。アカデミー・キュネール・ド・フランス会員。 本書は、1962年初版発行以来版を重ねている。
E−161 ひと味違うごはん作り 塩田ミチル 大和書房 84初 1,300 B・990
手抜きと家族に見破られずに手際よくスピード・クッキングを成功させるには、やはり日頃の準備と努力がものをいいそう。 「よい調味料に助けてもらう」のもコツの一つじゃないでしょうか。 ごまかしのないよい調味料は、多くの人の惜しみない手間と時間をたっぷりと吸収して作られているので、私たちが多少手を抜いても、その豊かな風味が料理をしっかりと受け止めて、美味しい味つくりをしてくれます。 よい調味料という働き者のアシスタントを数多く揃えて、ひと味違うスピード料理の腕を上げようじゃありませんか。(本書「まえがき」より)  しょうゆ、みそ、酢、うまみ調味料、あぶら、酒、スパイス、中華調味料に分けて楽しく解説。
E−162 改訂儲かるメニュー・シリーズ6 とんかつ 柴田書店 柴田書店 80再 2,400 A・1,500
儲かるメニュー構成、調理の基礎T(材料・肉の下ごしらえ・衣のつけ方・基本的な揚げ方・調理器具)、調理の基礎U(つけ合わせ・ソース・カラシ・供し方・コートレット・ド・ポール・パネ)、各店自慢のとんかつ(東京10店)、アイデアとんかつ(17種)、とんかつ利用の料理(4種)の分かれる。 有名な煉瓦亭やとんきの調理技術も写真入りで公開されている。
E−163 繁盛店メニュー戦略 エスニック料理 繁盛店メニュー戦略編集部 同朋舎出版 88初 3,800 A・4,200
第1章エスニック料理120選(アジア編&中近東アフリカ編)、第2章ヒットメニューの調理法27品、第3章エスニック料理の基本素材(インドネシア編・ベトナム編・タイ編・メキシコ編・カンボジャ編・アラビア編)、第4編繁盛店の料理と経営31店に分かれる。 大判カラー写真多数。
E−164 中華料理店 開店と経営 池田宗章 柴田書店 76初 7,200 A・ 堅牢函入り
カラーレポート繁盛店を訪ねて、全国縦断繁盛店名声店17店・ラーメンひとすじ11店紹介、大衆中華料理店を成功させるポイント、立地別・規模別投資採算のとり方、儲かる店・儲からない店の差はどこか、12坪650万円でできるラーメン店のデザイン計画、効率的中華厨房の徹底研究、はじめて取り組む人のための開店プランニング、従業員の”やる気”をひきだす法、独立開業奮戦紀、ラーメン・餃子フランチャイズチェーン20社の戦略、中華料理店のための仕入れガイド(材料編・厨房編・道具備品編・中国酒編)等々実践知識満載! カラー写真満載! 大型美本!
E−165 地味めしダイエット3 横森理香 知恵の森文庫 06初 750 A・590
「地味めしダイエット」の第3弾は横森式マクロビオティックの取り入れ方を紹介します。 徹底するのは大変だけど、体調に合わせてデトックスしたいときに取り入れるのが横森流。 そしてふだんは、たっぷりの野菜をゆっくりしっかり味わう地味めしライフ。 健康的で美味しく簡単に作れる34品目のカラー版「横森レシピ」付き。(本文庫カバーコピーより)
E−166 健康食入門 松本絋斉 保育社 82重版 500 A・500
カラーブックス
E−167 チャイナ・キッチン 邱世嬪 徳間文庫 92初 900 A・460
「これは本格的中国料理の本ではありません。 日本調理の盛り付けに惹かれ、フランス料理の味のハーモニーに感心し、イタリア料理の妥当性に納得する、一貫性ゼロの私が、聞きかじりで覚えているゴチャマゼ今様チャイニーズ料理の話です」(あとがきより)。 二十五歳までガスの火もつけられなかった彼女が、一知半解、悪戦苦闘、試行錯錯誤誤の果てに発見した素晴らしき料理の世界、ご賞味あれ。(本文庫カバーコピーより)
E−168 辻留のコツ 家庭料理 辻嘉一 新潮文庫 89 900 A・480
日本料理の研究・追求につとめて、六十余年の料理人=茶懐石「辻留」の主人がていねいに教える料理方法とそのコツー恵まれた日本の季節料理のなかで、祝い膳の代表としての「正月料理」、おいしいご飯の炊き方を中心に「和風料理」、「酒のさかな」のちょっとしたひと工夫、そして、知っておきたい「やさしい懐石料理」など、毎日の食生活を豊かに楽しくするカラー版・料理入門書。(本文庫カバーコピーより)
E−169 食材図典 小学館 小学館 95 4,800 A・5,800
プロも知らない食品素材の全てを網羅した食べもの大図鑑。 魚介類・野菜・果実・調味料「総項目数1700」、1テーマ1見開きで見やすく、ひきやすい。 馴染の姿、新しい味、総カラー図版3000点で集大成。 内容的には、1魚介類・海草、2肉・卵・牛乳、3野菜・キノコ、4果物・ナッツ、5穀類・雑穀・豆・芋、6スパイス・調味料・飲料、7索引<収録項目約7000>、8資料編で構成される。
E−170 口八丁手包丁 金子信雄 実業之日本社 76第4版 1,200 A・780 著者署名入り
s 酒飲み自身がつくる肴とお菜十三月。 内容的には、壱月:餅・湯づけ・初荷の話、弐月:蕗の薹・正銘狸汁、赤貝の話、参月:野草・貝・若布の話、四月:春爛漫・筍・春韮の話、五月:茶・豆・アスパラガスの話、六月:鮎・鮒鮓・鮑の話、七月:アイスクリーム・精進揚の話、八月:不老長生蟠桃・鰻の話、九月:酸橘・夏の終り・里芋の話、拾月:松茸・柿の話、拾壱月:米・牛肉の話、拾弐月:師走と大根・おでん・てっちりと土手鍋の話、拾参月:缶詰・即席スープの話に分かれる。
E−171 新・口八丁手八丁 金子信雄 作品社 80初第6刷 1,300 A・980
昭和五十年に実業之日本社から「口八丁手八丁」を上梓した。 下手の横好きで、いささか包丁にさわることを楽しみの一つにしている私が、これまでに手がけた料理のうち、男子でも作れる料理を季節に合わせて、何品かずつを紹介したものである。 今回、作品社から、「新・口八丁手八丁」を出さないかとの話があったので、内容を手直しして、男子のための「新・口八丁手八丁」を再び上梓することにした。(本書「あとがき」より)  一年を十三ヶ月(!)に分けて料理の作り方百数十種・市場歩きも満載。 *本書見返し部に、著者の贈呈署名あり。
E−172 ラルース・フランス料理小事典 翻訳監修 日高達太郎・技術監修 小野正吉 柴田書店 1976 2,500 A・1800
フランス語事典類における権威は高く、ほとんど事典・辞書の代名詞にまでなっているラルースの”20世紀人の事典”叢書の1巻”フランス料理事典”の日本語版が本書である。 小事典ながら十分の信用性を有し、使用上の便利さにも多くの配慮がなされていることは、このラルースの名が保証していると言えよう。 きわめて層の厚いフランス料理に関し、それぞれの調理法を説明するにとどまらず、可能な限りその料理用具から料理の地域的傾向まで取り上げている原書の意欲も翻訳に当たって十分に考慮されている。 フランス料理に関する大作の原書を読むにも、メニュー作成に当たって綴りを確かめるにも、さらにはある材料を前にした時にいかに多くの調理法がフランスにはあるかを知るためにも、本小事典はまたとない手引きとなるに違いない。(本事典「序−日本語版監修にあたって」より)
E−173 片岡護のイタリア家庭料理 片岡護 曜曜社出版 94 1,800 A・1200
本書は、家庭料理ということなので、皆様の御家庭で、簡単に作れるものだけに限定しました。 本書の特色は、ごらんの通り「完全図解」です。 一枚の写真も使わず、絵だけで表現した料理本です。 プロでない皆様には、このほうが分かりやすいからと出版社に言われてそうしたわけですが、出来上がったものをみると、なるほどこういう本があってもいい、これなら奥様方も作れるだろう、と自分なりに満足しています。(本書「あとがき」より)  西麻布「アルポルト」のオーナーシェフとして活躍している著者(本書出版時)が、とにかく健康に良いイタリア料理を、アンティパスト(前菜)14品、プリモ・ピアット(第一の皿ーパスタ・リゾット・スープ)33品、セコンド・ピアット(第二の皿−肉と魚)15品、ドルチェ(デザート)7品にわたり、家庭向きに伝授した好著。
E−174 図解・魚のさばきかた 成瀬宇平・野崎洋光・西ノ宮信一 柴田書店 95第8版 2,700 A・3000
本書は、料理することを職業とする人にも、家庭で料理する一般の方々にも、魚介類の料理の基本を理解していただこうと、「さばきかた」を中心に解説しました。(本書「まえがき」より)  ここにあげた魚介類の種類は、約150種類。 完全図解で、一切写真は使用せず、詳細な手順を描いた絵だけで表現してあるのでわかりやすく、その通りにまねをしてやってゆけば、誰でもその魚がさばけるようになっている。 「さばきかた」の絵と手順の説明文とともに、その魚の特徴・食べごろ・食べ方・別名・地方名等も記載されているので至便である。
E−175 もっと使える乾物の本 奥薗寿子 農文協 00初 1800 A・1500
「私ってちょっと変みたい」 実は私、乾物にぞっこんほれこんでいます。 地味でダサくて野暮ったくて、時代遅れで、風采の上がらない乾物ばかりに、なぜか心ひかれてしまうのです。 私が乾物にほれこんでいる理由はおいしいこと。 そして手軽さ。 本能のおもむくまま、日々乾物とイチャついていたら、乾物は私にとって、おいしくて手間のかからないかけがえのないものになっていたというわけ。 この本では、そんな私のお気楽乾物ライフのすべてを紹介したいと思います。(本書「はじめに」より)  内容的には、第一章「だから乾物ー乾物ライフわたし流」、第二章「入門編ーズボラ・お気楽なら乾物も手間じゃない」、第三章「初級編ーもっと使えるおなじみの乾物たち」、第四章「中級編ー料理のウデが上がって見えるちょっと上いく乾物たち」、第五章「上級編ー一度食べればゼッタイはまる乾物たち」、第六章「手づくり編ーつくったほうが手軽なものもあるんです」、第七章「だしの話ーもっと気楽に本格うまみを」にわかれる。 わかめ・のり・干ししいたけ・ひじき・高野豆腐・切り干し大根・ふ・豆・こんぶ・湯葉・とろろこんぶ・木くらげ・かんぴょう・春雨等々乾物の使い方・食べ方170を満載! 
E−176 私のタイ料理 氏家昭子 柴田書店 96 2,900 A・3200 大判カラー美本
タイ料理の魅力は、パームシュガーの甘さ、マナオ(ライムの一種)の酸味、唐辛子の辛さ、ナムプラーの塩味とうま味、そしてハーブやスパイスの香味が作り出す絶妙のハーモニーです。 また、ときにはエキサイティングな辛さで私たちの味覚を楽しませてくれますし、その後には火照った舌をやさしく包んで静めてくれる、甘いココナッツミルクのデザートが用意されています。(本書「はじめに」より)  内容的には、前菜・サラダ・スープ21品、主菜・めん・米料理25品、デザート5品に分かれる。 全品豪華な大判カラー写真とわかりやすい作り方・材料で構成される。 著者は、商社勤めの夫と結婚して、タイ・バンコクに在住。 その後タイのレストラン「ブサラカム」のブンチュー先生(チーフシェフ)に師事、現在(本書出版時)レストランの料理のコーディネート、シェフの育成、メニュー開発などを手がける。 
E−177 誰も教えてくれない飲食店儲けの鉄則集 森久保成正 ぱる出版 02 1,900 A・1500
独立開業希望者・繁盛をめざす飲食店経営者必読! 大阪流繁盛ノウハウを手取り足取り大公開! 内容的には、知らなきゃ損する飲食店繁盛の鉄則、お客を呼ぶ味づくりにはコツがある、お客の行動・心理を読んで店づくりに活かす法、お金の取れる接客サービスの身に付け方・教え方、着実に客数・売上を伸ばす販促の打ち方に分かれる。 森久保式儲けの出し方教えます!(本書カバーコピーより)
E−178 楽しくおいしく雑草クッキング 小崎順子 農文協 1990 3,000 A・1250
庭で、道端で、畑で、人間たちにのけものにされている草たちが気になりだしたのです。 私はこの草々に恋したとしかいいようがないのです。 この思いが募り、毒草以外の草をできるだけおいしく、美しく、楽しく奏でるように料理してみたいと、あれこれ調べます。 つくり方を工夫したり、それをスケッチすると、愛しさがひとしお増してくるから不思議です。(本文より) 天ぷらに、炒めものに、あえものやサラダに、ご飯やおにぎりに、ジュースやお茶にと楽しみ方を広げていきます。 内容的には、「雑草料理ア・ラ・カルト」−おすすめしたい八つ
E−179 漢方粥ー家庭でできる美味しい健康食ー 磯公昭 東京書籍 1986 2,400 A・1236
中国で古代から言われてきた「医食同源」の具体的なあらわれが漢方粥です。 漢方粥、つまり漢方薬と米や粟などの穀類を一緒に煮て粥状にしたものは、消化機能のおとろえた老人の健康維持、老人病発生の予防に、あるいは老人病の治療に全中国の津々浦々で使用されてきた民間療法で、いわば民衆の生活の中から生まれてきた健康のための食事療法なのです。 また、手軽に作れておいしく、腹いっぱい食べても太らないダイエット食として若い人々・働き盛りの現代人にも、お粥は貴重な存在です。(本書「はじめに」より)  本書では、中国人と粥、漢方
E−180 家庭料理 秋穂敬子 誠文堂 27初・31第8版 1,800 A・1.5 函入り
著者は、東京割烹女学校校長。 戦前の標準的な料理書。 内容的には、料理法の一般知識、日本料理法、西洋料理法、支那料理法、お惣菜の作り方、お弁当、ピクニック弁当、おやつのいろいろ、季節別菓子三十二種、急に間に合う客料理、漬物及び食礼に分かれる。 戦前の一般的日本人が日常どんなお惣菜を食べていたかは、もはやその再現がなかなか難しいが、本書を読めばそれがリアルに再現できるのは貴重である。
E−181 ビーフの本 マーガレット・パッテン 三洋出版貿易(株) 81 4,800 A・4500 カラー大判美本
本書は、料理のなかでも豪華でおいしいとみとめられているビーフ料理、それもほんの簡単に作れるものから、美食家をうならせる凝った料理までの多彩なレパートリーが収められています。 この本の中心は、なんといっても世界各国のすばらしい料理の詳細な作り方です。必要な箇所にはプロセスをわかりやすいイラストで紹介しましたし、それぞれの料理の効果的な供し方と冷凍上の注意を添えておきました。 ビーフ料理の大部分はカラーで紹介しましたし、調理上のポイントは200点ほどのイラストで説明されていますので、たいへんわかりやすくなって
E−182 料理の裏ワザ・隠しワザ 平成暮らしの研究会(編) KAWADE夢文庫 99初・第5刷 900 A・476
うまい!簡単!の超実用本。 このコツだけは知りなさい! 素材選びから下準備、調理のひと工夫、保存法まで手間を省いて美味しさをアップする”料理500のツボ"を収載! おいしすぎるチューボー革命本!(本文庫カバーコピーより)
E−183 イワシ博士のヘルシー・メニュー 市川桂子 新潮文庫 86初 900 A・440
イワシには健康づくりに役立つ有効成分が数多く含まれています。 シミ、白髪、しわをとり老化を防ぐ核酸。 コレステロールをとり、動脈硬化を予防するEPA等々・・・・。 子供から大人まで健康食イワシをより美味しく食べるために、イワシ博士がお薦めする和風・洋風・中華風メニュー51種類。 魚料理が初めての人にもわかりやすい作り方のイラスト、カラー写真でご紹介します。(本文庫カバーコピーより)
E−184 母の台所 娘のキッチン 藤原房子 新潮文庫 84 900 A・320
便利な電気器具に取り囲まれた文化的な生活。 でも、何かが足りないと思いませんか? かっての「台所」にあった何かがー。 ご飯たき、料理のカン、虫干し、拭き掃除など、急激な生活環境の変化の中で見失われてしまった「暮らしの智恵」を明治生まれの先輩主婦たちに取材。 家事に手仕事のぬくもりを取り戻したい人、心豊かに生きたい人におくる日常生活のアドバイス49編。
E−185 横浜中華の味 周冨輝 中公文庫ビジュアル版 96初 700 A・800
中央公論社の「暮らしの設計」シリーズの1冊として「横浜中華の味」の本を作ったのが、平成4年のことでした。 この本は、その「横浜中華の味」を元にして、さらに加筆、再編集したものです。 私の料理は、かなり薄味に仕上げているのが特徴です。 もちろん味の好みは人それぞれですが、少なくとも日本の家庭に取り入れるのであれば、作りやすい、そして食べやすい味だと思っています。また、この本では、私の幼いころの思い出話なども織り込みました。ちょっとした息抜きにはよいかと考えました。(「文庫版のためのあとがき」より)  内容的
E−186 日本料理秘密箱 阿部孤柳 柴田書店 90 2,900 A・3090
本書は、昭和53年3月号から昭和56年3月号まで、3年に亘って「月刊専門料理」に連載されたものに、特集、別冊などに掲載された二編を合わせて若干加筆訂正して一本にまとめたものである。 私がここでしゃべったようなことは、料理人であれば誰でも知っていることであり、それ程特殊な知識でもないので、こうした知識はみな先輩や親爺、同僚たちから聞いた耳学問であり、仕事を通して学んできたものなのである。 しかし、現在では、私がしゃべったようなことを先輩の職人も同僚もほとんど若い人にしゃべってくれなくなっているに違いない。 そういった意味で私の独断と偏見で語ったこの料理巷談が若い料理人達のお役に立つところがあれば幸いである。 申し上げたいのは、本書は、世にいうところの食通や食道楽、料理研究家、学者などの方たちのために書かれた読み物ではないということである。 旨いものの話や食べ歩きの話ではなく、あくまで日本料理を天職として選んだ職人達のために書かれたものであるということである。(本書「はしがき」より)    内容的には、「日本料理の流れ」、「懐石のはなし」、「煮物のはなし」、「焼物のはなし」、「さしみ、なますのはなし」、「料理と様式」、「名庖丁人」に分かれる。 
E−187 味の歳時記 付精進料理 利井興弘 文化服装学院出版局 67再 1,900 A・480
坊主の分際で料理のことなど、とさげすまれてはこまる。 禅僧はみな一応料理ができるのである。 真宗の坊主に一人位料理の出来るのがいてもおかしくはなかろう。 「料理」という字は「理を料(はか)る」という字だから、道理、真理を料ることであろう。 根本をとらまえて、それに工夫してゆくこととなると、まんざら坊主と無関係ではなかろう。(本書「はしがき」より)   内容的には、「味の歳時記」、「味之上人覚書ー春の部・夏の部・秋の部・冬の部」、「精進料理」に分かれる。
E−188 精進料理の極意 梶浦逸外 大宝輪閣 70 2,000 A・380
私が大徳僧堂で侍者をやっておった頃、料理の手ほどきに困った挙句、托鉢や、弁事に出たついでに、京都の書店を小口から廻って、精進料理の本を探したが、一冊もなく、やむなく村井弦斎夫妻の著わした普通料理(魚肉が多い)の本を知人からもらったことを覚えているが、あれから四十年も経っている。 現在誰かが、精進料理の秘法を残しておかなかったならば、あとで精進料理を研究する者が出て来ても、文献がなければ、私と同じように苦労をなめるだろう。 それに口伝や、身についた精進料理法は、その人が死ねば、永久に消滅することを考え、私の修行時代に苦労して体得しえた精進料理法を書き残して、後継者のための霧海の南針となろうと決意したのであった。 こうして、三十三年一月号から大宝輪に「精進料理の極意」を連載することになったのである。  内容的には、「料理禅談」、「精進料理の極意」−ひたしもの・うで方のコツ・うまいうどん・そばと麩・豆腐料理の醍醐味・こんにゃく料理のコツ・納豆をつくる・みそについてに分かれる。
E−189 スウィートハートのお菓子 山本麗子 鎌倉書房 1993 4,800 A・1900
5人の生徒さんと教室を始めて以来、15年。 狭いキッチンへ通い続けてくださる方たちと作ったレシピは、100近くになります。 その中から35種。 ここにご紹介させていただきます。 どれも私の大好きな、自信をもっておすすめできるものばかりです。 不必要なデコレーションや演出はできるだけ省いて、実質的な味わいを大切にしてきましたので、かなりシンプルに感じられるかもしれませんが、家庭のお菓子とは本来こうしたものではないかと思っています。(本書鎌倉書房版「はじめに」より)  *本書は、以前本書を発行した鎌倉書房がなくなったため講談社より新たに発行されたものである。
E−190 食卓にインド オッキア・シン 六興出版 87初 1,900 A・1200
カレーばかりがインドじゃない! 親日派のシンさんが綴る、スパイシイなエッセイとインド家庭料理の数々。 スパイスの香りが豊かで、日本のカレーライスのように、あとあとまで口の中にカリーの味は残らない。 まさに、そのとおり、さわやかな芳香とでも言えばいいのでしょうか。 これがインド料理の真髄です。 インド料理をひとくちで言えと言われれば、私はこう答えたいと思います。 一種類以上のスパイスを使って調理する料理と。(本書帯コピーより)   内容的には、「インド料理とは?」、「1.小麦・米をつかって」、「2.肉・魚をつかって」、「3.玉子・野菜をつかって」、「4.デザート・ドリング」、「5.おつまみ・カクテル」に分かれる。 
E−191 村上信夫の西洋料理 帝国ホテル料理顧問 村上信夫 経済界 00初 1,900 A・1238
この本は、ご家庭の奥様方のために20数年前に出した本を、新しく改訂したものです。 私の長年の料理人生活で得た、とっておきの料理の「極意」をわかりやすく紹介していますし、西洋料理の基本のすべてがあります。 あらゆる分野に言えることでしょうが、料理も基本をマスターしていなければ、どんな料理に挑戦してもおいしい味をつくりだすことは難しいのです。 エスコフィエの弟子で私のパリ時代の師匠であった、ホテル・リッツのアンリ・ルジュールは、「料理が上手になる秘訣はふたつある。 ひとつは、料理をつくることが好きになることである。 もうひとつは、料理をつくることが楽しくなることである」と語っていました。料理をすることが楽しくなったら、しめたものです。(本書「はじめに」より)    内容的には、「序章 料理を始める前に」、「第1章 騎士が舌鼓を打った伝統の味『肉料理の秘法』」、「第2章 古代ローマより伝わる贅沢なメニュー『魚料理の秘法』」、「第3章 王の寵愛を受けるための貴婦人の工夫『野菜料理の秘法』」、「第4章 スペイン王が目をむいた火の芸術『卵料理の秘法』」、「第5章 その味がレストランの格を決める『スープの秘法』」、「第6章 フランス料理のおいしさのもと『ソースの秘法』」、「第7章 絵のように盛られた食事の華『サラダの秘法』」、「第8章 フルコースのしめくくりに欠かせない『デザートの秘法』」、「第9章 おいしい料理をつくる6つの秘訣』」に分かれる。 
E−192 インド料理ダイエット・レシピ集(簡単!スパイスCooking) ロイチュウドゥーリ・ジョイ、ロイチュウドィーリ・邦子 (株)スパイク 98初 1,800 A・1400 鍋一つ、スパイス5種、時間は10分!気がついたらヤセていた
s 20代前半のころ私は、ぽっちゃりと太っていたのでダイエットをして何とかやせたいと思っていました。 ダイエット本を購入したり、1日1食にしたり、生野菜をてんこ盛りにしてバリバリ食べたり。 そのかいあってか、確かに体重は少し減ったのですが、やせたというより萎んだという感じ。 体質が冷え性、乾燥肌になってしまいました。 アレルギー体質にもなったらしく、顔にぷつぷつと湿疹ができてしまったのです。 そんな時、生まれて始めて入ったインドレストランで、「そんなこと、インドへ行ったらすぐに治るよ」と言うではないですか。 そこで働くインド人があまり自信たっぷりに話すので、ついにはホームスティ先まで紹介してもらいインドへ旅立ってしまいました。 私が4ヶ月間ホームスティさせてもらった家庭は、卵も魚も食べない菜食主義の家。 食事はとてもシンプルでした。 この家に滞在して1ヶ月もしないうちに、身体がとっても軽くなった感じがしてきました。 気がついたら、顔の湿疹も消えています。 やせていく自分を実感できました。(本書「まえがき」より)    内容的には、「野菜と豆」、「卵と肉」、「魚」、「米と粉」、「ミルク」に分かれる。
E−193 マルホトラ恵理子の魔法のカレーブック マルホトラ恵理子 主婦と生活社 1987
3,900 A・780 究極の味、とびきりうまい作り方
●カレーをきわめれば、この本にたどりつく! インド人の妻として、三人の子供の母として、またインドレストランのコーディネーターとして、八面六臂の活躍をする著者が、簡単にできるおいしいカレー料理の極意をすべて公開。 スパイスをふんだんに使った義母直伝の本格派カレーから、日本風にアレンジしたカレー、育ち盛りの子供に向くヘルシーカレー、スパイシーデザート、酒の肴にもなるつけ合わせの一品まで、盛りだくさんのカレーレシピが満載。 今まで知らなかった新しいカレーの味を発見する本!(本書カバーコピーより)   内容的には、「プロローグ 食卓が楽しくなる魔法のカレーブック」、「1章 たちまちカレー上手になる私の方法」、「2章 マルホトラ家直伝の本格カレー」、「3章 わが家のおすすめ、日本風インドカレー」、「4章 子供たちに大好評、愛情スパイス入りカレー」、「5章 絶妙のコンビ、相性抜群のつけ合わせ」、「6章 ヘルシーなサラダと飲みもの」、「7章 とっておきのカレーアイディア料理」に分かれる。
E−194 折々の料理 吉田静代(編著) 博品社 97初 2,700 A・2400 小口底部に丸Bの朱印あり
文豪が愛した旬の味。 夏目漱石(早蕨の吸い物)、泉鏡花(鮎の田楽)、尾崎紅葉(紫蘇の味噌漬け)、谷崎潤一郎(鮑の水貝)、徳富蘆花(鱸の洗い)、正宗白鳥(鯛のけんちん蒸し)、永井荷風(鰡子と柚子味噌)、大町桂月(焼き松茸)高浜虚子(湯葉のうま煮)等々。   内容的には、春夏秋冬の四季に分けてそれぞれの旬の食物85品を挙げ、一品ごとに5〜6種の料理法を記するとともにその品に触れた文豪の文章の部分を添えたものである。  *本書は、吉田静代編著「料理小説集」と題して、一九一八年(大正七年)五月に、三陽堂書店(東京)より出版されたものである。 今回の刊行に際し、それぞれの<料理>の後に、各<小説>の引用を移して編成を変えた。 さらに、巻末の「索引」を詳しく作り直し、「作家略歴」「料理の名称」「度量衡」を新たに付した。   
E−195 イタリア式料理の知恵 アンジェロ・ペッレグリーニ 晶文社 96初 2,500 A・2600
こうすりゃいいんだ! 肉、魚、パスタ、スープ、チーズ。 サラダ、ハーブ、ワイン・・・・。シンプルにして味わい深い究極の料理術。 おいしい料理をつくる秘訣とはー。 まちがいのない基本知識、食べものへのつきない好奇心と想像力、そしてひとつまみのアイディア。 それだけだ。 料理の達人ペッレグリーニ先生が指南するシンプルにして豊かな食生活のためのイタリア式知恵と工夫。 おすすめ料理のレシピを随処に折り込んだ実践的かつ味わい深い、究極の料理読本。(本書カバーコピーより) 
E−196 ポテトの本 (財)ベターホーム協会 ベターホーム出版局 96 1,500 A・1236
カラフルでおしゃれなベターホームのお料理ブック。 お料理意欲をかきたてるような美麗なカラー写真とわかりやすいレシピでそれぞれのページが構成されている。 内容的には、オーブン料理23種、フライ料理18種、フライパン料理17種、ボイル料理とサラダ20種に分かれている。 これで、ことポテトについては貴方は困ることがなくなった。
E−197 サンドイッチノート 柴田書店 柴田書店 06初 3,900 A・2500 160recipes of special sandwiches
B.L..T.やクラブハウスサンドなどボリュームたっぷりのアメリカンタイプ。 バゲットにハムやチーズを挟んだシンプルなフランスタイプ。 ピタパンを使ったどこかオリエンタルなサンドイッチに、おなじみハンバーガーやホットドッグ。 普段、目にするものだけでもかなりバリエーションがあるサンドイッチ。 本書では、サンドイッチ専門店、パン屋さん、カフェ、ハンバーガー専門店など、サンドイッチに力を入れている24店の人気メニューとその作り方を収録しました。 どれも、すでにお店で提供しているか、今後メニューに登場予定のものです。(本書「はじめに」より)    内容的には、「野菜」17品、「ハム・ポーク・ビーフ」34品、「チキン・卵」15品、「魚介類」19品、「チーズ」12品、「ハンバーガー・ホットドッグ」16品、「タルティーヌ」20品、「ティーサンド」12品、「パーティ用サンドイッチ」4品に分かれる。   各ページとも食欲をそそられるカラフルな作品の写真と親切なレシピが付いている。
E−198 漁師さんの秘伝料理 野村祐三 徳間文庫 1994 900 A・580 文庫書き下ろし
漁師料理の醍醐味は「とれとれ魚介」の自然のままの味を生かして豪快に楽しむところにある。 見栄えなんか気にしない。 素朴で野趣。 だが奥行きは深い。 創意工夫に富む。 魚料理の達人たちに聞いた痛快な珍味・秘伝の数々をレポート。 サケのチャンチャン焼き、シャコの刺身、ドンコのどぶ煮、タチウオの背越し、アワビのしゃぶしゃぶ、カサゴの味噌汁・・・・。 これは魚を美味しく食べたい人の必携の書だ。(本文庫カバーコピーより)   
E−199 名飯部類 杉野権兵衛原著、福田浩・島崎とみ子訳 教育社新書 89 4,800 A・1000 原本現代訳
今、世界中の人々から注目されている日本型食生活。 その基本の米食文化は、江戸時代に華麗に花開いた。 本書は、日本初のご飯百科である。 本書に収めた「名飯部類」(享和二年・一八○二)は、飯・粥・雑炊・鮨などを合わせて一五○品余りの米飯料理を記し、食の美味と遊雅を楽しまんとする百珍本としての内容を有するものである。 天保飢饉に際し米を如何に喰い延ばすかを重点として三十二品の粥・雑炊を記している「都鄙安逸伝」と江戸時代の料理本に記されている米飯料理を選び出した「名飯アンソロジー」を付する。
E−200 中国食の秘密 新居裕久 光文社 74初 900 A・500 カッパ・ホームス
中国の食事法は、数千年の歴史が作りあげたものだが、現在の西洋医学の目からみても、強壮、保健、美容の目的に適った合理性を認める点が多い。 まさに美味滋養の料理なのである。 著者の新居博士は、薬理学を修めて臨床に通じ、なおかつ庖丁を持たせても名人という人である。 この最適任の著者を得て、食事によって病気を予防し、ストレスを克服し、健康を保つという、もっとも基本的な考え方が、具体的に説かれたことは、大変喜ばしい。(昭和大学医学部教授清水盈行氏の推薦の辞より)    内容的には、1「中国食の秘密は、医食同源」、2「中国食の三大効用とは」、3「中国食を上手に作る」(56レシピを付す)に分かれる。